【第2作目】駆逐艦「雪風」【1/350・ハセガワ・純正EP】

ハセガワの1/350スケール日本海軍甲型駆逐艦「雪風」を純正エッチングパーツを使用して製作しました。

艦体は補強板を挟んでの左右張り合わせです。

艦底に合わせ目ができますので、瞬着クリアパテと硬化スプレーでササっと合わせ目を処理しておきます。

処理後はサーフェイサーで確認します。

組立中です。
さすが、1/350スケール。
駆逐艦ですが、けっこう迫力あります。

組立完了です。
パーツの精度も素晴らしく、非常に組みやすかったです。
続いて、塗装の工程に入ります。

艦底色を塗装します。

艦底部をマスキング処理します。

続いて、リノリウム色を塗装します。

ここで、純正のエッチングパーツを取り付けていきます。

エッチングパーツの数は少ないですが、効果的なポイントは抑えてあるのかなと思います。

リノリウム部をマスキングして、全体に軍艦色(2)を塗装します。

塗り分け完了です。
けっこうきれいに塗り分けることができました。

主砲のキャンバスなど細かい部分を筆で塗り分けていきます。

途中まで組み立てます。

手すりのエッチングパーツを取付ていきます。

手すり取付完了です。
完成形が見えてきました。
テンションアップです。

アンカーチェーン取付完了です。
少し接着剤を付けすぎました・・

クレオスのウェザリングカラーを使用して、ウェザリングと錆を表現していきます。

いい感じです。

メタルリギングを使って空中線を張っていきます。

1/350スケールは、組み立て説明書に張線の図も乗っていますので非常に助かります。
1/700スケールは、張線の資料集めが大変です。

難しいかったです。

完成です。
はじめての1/350スケールでしたが、とても楽しく製作することができました。
1/700では再現が出来ないディテールの細かさに感動です。
完成品もすごく迫力があります。
いつかは、1/350スケールの超戦艦級にも挑戦してみたいです。

完成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。