【第八隻目】軽巡 大淀【完成】

軍艦大淀は日本海軍の軽巡洋艦である。
潜水艦作戦を支援するため新型水上偵察機(紫雲)の運用を可能とし、艦体中央部に航空機格納庫、艦後部に大型カタパルトを装備した。
1942年(昭和17年)4月2日、呉海軍工廠で進水。
1943年(昭和18年)2月28日に竣工したが、紫雲の性能不足と太平洋戦争における戦局から潜水艦作戦に投入されることはなく、輸送作戦に従事した。
1944年(昭和19年)3月、水上機格納庫を会議室に改造して5月上旬より連合艦隊旗艦となり、豊田副武司令長官が座乗する。
連合艦隊司令部が慶應義塾大学日吉キャンパスに移転する9月29日まで旗艦任務についた。
その後は再び最前線に投入され、レイテ沖海戦(エンガノ岬沖海戦)、礼号作戦、北号作戦等、フィリピン方面で活動した。
1945年(昭和20年)2月下旬に内地帰投後は呉練習戦隊に編入され瀬戸内海(呉)に停泊し、7月28日の呉軍港空襲で大破横転、沈没した。

“【第八隻目】軽巡 大淀【完成】” の続きを読む

【第七隻目】重巡洋艦 摩耶【完成】

摩耶は高雄型重巡洋艦の3番艦。1万トンクラスの条約型巡洋艦。兵庫県の摩耶山にちなんで命名されました。高雄型の高雄と愛宕は完成後、艦橋の小型化などの大改修を受けましたが、摩耶と鳥海は開戦により改装を受ける間も無く戦争に参加しました。フィリピン作戦、アリューシャン作戦、ソロモン海戦、アッツ島沖海戦などに参加。レイテ沖海戦でアメリカ潜水艦の雷撃を受けて沈没しました。キットは1944年の勇姿を再現しました。

キット説明欄より

“【第七隻目】重巡洋艦 摩耶【完成】” の続きを読む

【第六隻目】重巡洋艦 筑摩【完成】

昭和10年(1935年)起工、昭和14年(1939年)竣工の利根型重巡洋艦2番艦、20.3cm連装主砲、4基8門を全て艦首側に集中配備し、空いた後部に偵察能力を増加する為に、カタパルト2基と水偵偵察機6着を搭載できるようにした独自のスタイルが特徴です。
砲塔を前部に集中させたのは後部に砲塔があった場合、爆風で航空機に衝撃を与えてしまい、破損することを避けたからでした。
その為、前部に集中した砲塔は後方射撃が出来るように第3、第4砲塔は後ろ向きに設置されています。
竣工以来ハワイ海戦、ミッドウエイ海戦、ソロモン海戦、南太平洋海戦、マリアナ海戦と数々の大海戦に出撃し、優れた偵察能力から空母機動部隊の直衛艦として活躍しましたが、1944年10月25日、レイテ沖海戦にて被爆大破し、自沈処分とされ南の海に姿を消しました。

“【第六隻目】重巡洋艦 筑摩【完成】” の続きを読む